【合成ゴム特集4】旭化成 シンガポールを増強、S-SBRが27万t体制に

,

2019年11月22日

 溶液重合スチレン・ブタジエンゴム(S-SBR)で、世界トップレベルの生産能力を持つ旭化成は「その体制を盤石なものとすることが経営課題の1つ」(同社)であり、その一環として、シンガポールの製造プラントの能力増強を実施した。2013年に製造を開始した同プラントでは、2017年に約3万tの増強工事を開始し、今年2月に完工した。現在は顧客認証の手続き中で、本格稼働を待っている段階である。

 能力増強によって同プラントの生産能力は13万tとなり、川崎(10万5000t)、大分(3万5000t)と合わせ、同社のS-SBRの生産能力は合計27万tとなる。同社によると、S-SBRは「グローバルで見ると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

【合成ゴム特集3】JSR 高強度のSBR開発、EV含め新たなニーズに対応

, , ,

2019年11月15日

 JSRの高機能タイヤ用溶液重合SBR(S-SBR)事業は、依然として好調を維持している。低燃費タイヤ市場が年率4~5%で成長する中で、同社の昨年度のS-SBRの販売は前年度比10%程度、今年度上半期は前年同期比10%以上の伸びとなっている。

 その背景として、タイヤの需要面では、例えば中国で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

【合成ゴム特集1】ハイエンドのS-SBR堅調、CRは各社が増強

, , , , ,

2019年11月1日

 合成ゴムの需要は米中貿易摩擦の影響により、足元では停滞傾向にある。合成ゴム工業会によると、今年1-8月の合成ゴム全体の出荷は前年同期比7.4%減、生産は同2.7%減と低調だ。

 品目別では、SBRの出荷は同4.3%減、生産は同7.8%減、NBRの出荷は同9.4%減、生産は同0.5%減、CRは出荷が同5.1%減、生産は同0.8%減、BRは出荷が同3.2%増、生産は同2.0%減、EPTは出荷が同6.5%減、生産は同3.0%減、その他は出荷が同2.0%減、生産は同6.5%増。樹脂改質用途などが好調なBRの出荷と、その他の生産がプラスになった以外は、前年実績を下回っている。

 国内の昨年の自動車生産は前年並み、今年1~8月は前年比3.7%増となっているが、グローバルでは昨年・今年と前年割れになっていることもあり、合成ゴム全体の1~8月の輸出は前年同期比4.2%減。特に中国自動車向けの合成ゴムの輸出が二桁減となっている。

 その中で、低燃費タイヤ向けのS―SBRは、汎用を含めると世界的に年率で

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について

【合成ゴム特集】5カ月連続で出荷が増加、S-SBRの拡大続く

, , ,

2018年10月25日

 合成ゴムの出荷が好調だ。合成ゴム工業会がまとめた7月の合成ゴム全体の出荷量は、前年同月比2%増の11万9800tとなり、5カ月連続で前年の水準を上回った。

 世界的なタイヤに対する規制強化を背景に、足元で6∼7%、2025年近辺でも4~5%の成長が見込まれるS-SBRについては、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について