インドのPVC輸入 2018年は前年比69%増加

,

2019年3月11日

 貿易統計によると、インドの2018年の塩ビ樹脂(PVC)輸入は前年比68.7%増の195万6000tとなった。インドのPVC需要は年間約300万tでその約半分を輸入していると見られていたが、昨年のインド市場は7~8%の高成長となったもようで、国内で設備の新増設がないことから輸入量が大幅に増加している状況だ。

 2017年は、前年に高額紙幣が廃止された影響や、また7月に物品サービス税(GST)が導入されたこともあり、輸入量は116万t程度だった。それに対し2018年は、おう盛な需要を背景に1年を通して高水準な輸入が継続。5月と10月が月間14万t台だったものの、その他の月は16~18万t台で推移した。

 以前はモンスーン期(6~9月)に、農業用パイプの需要が落ち込み輸入量が減少する傾向があったが、建築用途向けやインフラ整備向けなどにも引き合いが強くなっており、季節要因がなくなってきている。今年についても、インドのGDPは7%程度が見込まれており、PVC市場の成長により輸入量はさらに拡大するとの見方が強い。

 一方、昨年の輸入を国別でみると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員の方はログインしてください . あなたは会員ですか ? 会員について