ENEOS 和歌山製油所の跡地利活用で検討会を開催

, , , , , ,

2022年3月2日

 ENEOSは先月25日、来年10月をめどに機能停止を発表した和歌山製油所(和歌山県有田市、海南市)の跡地利活用などを検討する、第1回目の「和歌山製油所エリアの今後の在り方に関する検討会」を開催した。

検討会の冒頭で挨拶をするENEOSの佐藤総務部長=2月25日、オンライン

 検討会には地元の有田市長や海南市長をはじめ、和歌山県商工観光労働部、経済産業省の資源エネルギー庁や近畿経済産業局からの参加もあった。1月25日の同社の発表直後から、県や地元自治体を中心に操業の延長や今後のビジョンを求める声が上がっており、今回はそれに迅速に対応する形となった。検討会自体は非公開での開催だったが、冒頭の参列者の挨拶のみはマスコミに公開された。

 主催者であるENEOSの佐藤由理総務部長は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について