大阪大など 可食糖を光合成の数百倍の速度で化学合成

, , , , , ,

2023年12月8日

 大阪大学と産業技術総合研究所、豊田中央研究所はこのほど、「生物が食べられる糖(可食糖)」を中性条件下で化学合成する触媒プロセスの構築に世界で初めて成功した。

糖の高速化学合成プロセス

 グルコースや

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

アープケムなど 新光電極で太陽光‐水素変換効率10%

, , , , ,

2023年9月12日

 人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem:アープケム)と共同実施先の東京大学、産業技術総合研究所、宮崎大学、信州大学はこのほど、太陽光による水分解で酸素を高効率に生成する赤色透明光電極の開発に成功した。ナノロッド状構造をもつ窒化タンタル光電極で、世界トップレベルの太陽光‐水素変換効率(STH)10%を達成した。

赤色透明な水分解用光電極

 太陽光水分解・水素生成の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

理研など 量子コンピュータ計算のクラウドサービス開始

, , , , , , , ,

2023年3月29日

 理化学研究所(理研)、産業技術総合研究所、情報通信研究機構、大阪大学、富士通、日本電信電話の共同研究グループはこのほど、量子コンピュータによる量子計算プラットフォーム構築に向けた超伝導方式による国産量子コンピュータ初号機を整備した。3月27日にクラウド公開し、外部からの利用を開始した。当面は理研との共同研究契約を通じ、共同研究目的に合致した用途に利用できる。

量子コンピュータ

 理研外のクラウドサーバーに接続し、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東京都立大学など 無機ナノファイバーへの金属挿入技術

, , , , , ,

2023年3月20日

 東京都立大学、産業技術総合研究所、東北大学、名古屋大学、筑波大学、大阪大学の研究チームはこのほど、直径数~数十㎚程度の遷移金属モノカルコゲナイド(TMC)ナノファイバーの内部に金属原子を効率的に挿入する技術を開発した。多彩な組成が可能になり、新材料・新機能や超伝導特性が期待される。

 次世代機能性材料として、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

産総研 優れた親水性と水の滑落性をもつ透明皮膜を開発

, , ,

2022年11月21日

 産業技術総合研究所はこのほど、親水性(水になじみやすい)と滑落性(水滴が流れ落ちやすい)を兼ね備えた透明皮膜の作製手法を開発した。

着色した水が滑落する様子

 空調機は、冷房時に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東北大学など グラフェン中のドーピング元素量を計測

, , , , , ,

2022年10月12日

 東北大学国際放射光イノベーション・スマート研究センターと日本原子力研究開発機構(JAEA)、産業技術総合研究所、静岡大学の共同研究チームはこのほど、放射光を利用した光電子分光法によりグラフェンにドーピングしたカリウム量の測定に成功した。ドーピングによるグラフェン機能制御へ向けた大きな進展だ。

 グラフェンは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

産総研など 低遅延・低消費電力な光AI基本技術を確立

, , ,

2022年7月26日

 産業技術総合研究所と日本電信電話は共同で、シリコン光集積回路を使った超低遅延かつ低消費電力のニューラルネットワーク演算技術を世界で初めて実証した。

 高度なデジタル化社会では全ての情報機器へのAI処理が必要とされ、その規模は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

産総研など 高温・空気中で実用レベルの熱電変換材料

, , ,

2022年7月25日

 北海道大学電子科学研究所と産業技術総合研究所の研究グループはこのほど、空気中・600℃で安定性能を示す実用的な熱電変換材料を発見した。

 熱電変換は工場や

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ダイセル 銀ナノ粒子インクで曲げられる透明ヒーター

, , , ,

2022年4月11日

 ダイセルはこのほど、プラスチックシート内部に熱線を埋め込んだ「曲げられる透明ヒーター」を開発した。

曲げられる透明ヒーター

 銀ナノ粒子インクを厚み100㎛以上の高アスペクト比の銀熱線(配線)にする技術を用い、河村産業の協力の下で作成。銀熱線はフィルム内部に封止され、通電1分で表面温度が約60℃まで上昇・安定し、電気を切ると1分で表面温度が40℃以下まで低下する応答性の高さだ。

 表面に付着させたインフルエンザウイルスは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

東ソーなど 複合プラのCR技術、NEDOの委託事業に

, , , , , , , , , ,

2022年3月1日

 東ソー、東北大学、産業技術総合研究所、凸版印刷、東西化学産業、恵和興業は28日、共同で複合プラスチックのケミカルリサイクル(CR)技術の実用化を目指した研究開発「複合プラスチックからのモノマー回収液相プロセスの開発」を昨年11月から開始したと発表した。なお同研究開発は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「革新的プラスチック資源循環プロセス技術開発/石油化学原料化プロセス開発」委託事業の追加公募で採択されている。

 医薬品や食品など一般に使用されているプラスチックの多くは、多層プラフィルムに

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について