《取材こぼれ話》クリンスイ仕込みの出羽桜 「呑みすぎるほどに雑味なし」

,

2019年2月28日

 原宿駅近くの神宮前交差点から裏道に入り、ゆるい坂を上る途中にクリンスイが運営する「MIZUcafe」があった。ここで「出羽桜 純米吟醸酒 Cleansui仕込み(瓶火入)」が呑める。

出羽桜
クリンスイの超軟水で醸造した出羽桜

 三菱ケミカル・クリンスイと、山形県天童市にある蔵元・出羽桜酒造のコラボでこしらえたオリジナル吟醸酒。仕込み水にクリンスイが供給する超軟水を使用している。

 ガラス張りの店内に入り、出羽桜をボトルで注文。アテは山形グルメがお勧めらしく、「山形新庄名物とりもつ煮」「山形丸魚の炙りホタルイカ」「平田牧場三元豚の豚しゃぶサラダ」の3品を頼んだ。まもなくテーブルに、白箱入りの出羽桜とグラスが3つ運ばれてきた。

 スタッフが箱の封を切り、緑色の瓶を取り出す。手際よく栓を開けグラスに注ぎ始めると、『いい香り』と同行の酒通がいう。ワインのようなフルーティーな香りがふわっと広がってきた。グラスを手に取る。無色透明。喉越しはよくスッと流れていく。ミネラルを極限まで取り去った超軟水で仕込むと、ここまで雑味がなくなるものなのか。もう一人の酒通は『どんな料理にも合いそう』といい、チーズ系を推す。熱々チーズの「ラクレットサーモン」を追加で注文した。

 

 

《取材こぼれ話》日本ゼオン 子会社での減損の主因は

,

2019年2月6日

 日本ゼオンは2019年3月期第3四半期連結決算で、前年同期に続き、シンガポール子会社のS―SBR製造設備の減損を行った。

 先月31日の決算説明会の質疑応答でその理由を問われ、平川宏之常務執行役員は「(S―SBRを製造している)シンガポール工場と徳山工場からの販売数量は確実に伸びているが、当初狙っていた、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

《取材こぼれ話》三井化学 「ブリコラージュ」と創業の精神

,

2019年1月30日

 三井化学は、先日開催された「ウェアラブルEXPO」への出展を機に、「ブリコラージュ」という取り組みを始めた。

 試行錯誤や創意工夫といった意味合いを持つ。その眼目は、協業者や消費者と一緒になって今ある素材やテーマをどう発展させていくかを考え、社会の真のニーズ「ヴィジョナリー」を捉えることにある。

 一方、同社は0(ゼロ)から1(イチ)を生み出し、無限の未来を創造する施策を継続中だ。デザイナーなど外部の視点を取り入れ、素材のもつ潜在的可能性を探っている。

 研究開発本部長の福田伸常務は同展示会の特別講演で、新たな取り組み「ブリコラージュ」に触れるとともに、「(創業者らは)きっと

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

《取材こぼれ話》帝人フィルムソリューション 車づくりを変える技術

,

2019年1月16日

 昨年12月に開催された「高機能Week2018」で、自動車業界から特に注目を集めていたブースがあった。帝人フィルムソリューションである。

 担当者によれば、国内の全乗用車メーカーと海外の有力乗用車メーカーが、それぞれ10~15人ほどの大人数で、こぢんまりしたブースを訪れたという。

 紹介していたのはたった一つ。自動車向けフィルム塗装だ。

 あらかじめフィルム塗装した自動車用鋼板を、プレス成形する革新的な技術である。これを採用すると、自動車生産プロセスから、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

《取材こぼれ話》日本化学会 なぜ国際周期表年の閉会式を日本で?

,

2018年12月26日

 2019年は、メンデレーエフが元素の周期律を発見して150周年に当たる。また、2年前の2016年には、4つの新元素名が確定し、周期表第7周期までが完成した。

 これらを記念して、国連とユネスコが制定したのが、「国際周期表年2019」(IYPT2019)である。その制定に当たっては、国際純正・応用化学連合(IUPAC)が主導した。

 来年は国内外でイベントが開催され、IUPAC関連の国際イベントでは、開会式を1月にパリのユネスコ本部などで、閉会式は12月に東京で行われることになった。

 それにしても、なぜ日本なのか。日本化学会の「国際周期表年2019実行委員会」は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

《取材こぼれ話》ブルーイノベーション 開発のきっかけは福島原発事故

,

2018年12月19日

 ソリューションプロバイダーのブルーイノベーションは、プラントなどの屋内点検ソリューションとして、設備点検ドローン「エリオス」を採用した。

 これは、スイス・フライアビリティ社製である。直径40センチで、通常のドローンが苦手な「狭く暗く汚い」場所を得意とする。

 ブルーイノベーションによると、このドローンを開発するきっかけとなったのは、実は東京電力・福島第一原子力発電所の事故だという。

 内部の様子が分からないことをニュースで知った、フライアビリティ社のエイドリアン・ブリオCEO兼共同創設者が、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

《取材こぼれ話》リケンテクノス インドに製造拠点を設ける必然性

,

2018年12月12日

 リケンテクノスは来年1月、インドで販売会社の設立を予定している。2019年3月期第2四半期決算説明会で、生産拠点の建設について問われた常盤和明社長は、「まだ具体的なアイデアはないが」と前置きした上で、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

《取材こぼれ話》東レ 炭素繊維事業で想定外のトラブル

,

2018年12月5日

 東レの2019年3月期第2四半期連結決算は、売上高と経常利益が過去最高だったにもかかわらず、営業利益は減益になった。さらに、通期業績予想の営業利益と経常利益を下方修正した。

 その要因について、日覺昭廣社長は「ドイツのコンポジット子会社で、想定外の工数と費用がかかっているため」と説明した。

 子会社は設計から成形まで行うことができ、レーシングカーやスポーツカーなどの特殊な車両で実績があった。しかし、そうした車の部品は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について