KHネオケム 冷凍機油原料事業を強化

, ,

2018年8月21日

 KHネオケムはエアコンのコンプレッサーに使われる、冷凍機油原料事業を強化する。8日に行った決算説明会で、浅井惠一社長は3月に千葉工場の設備を3割増強したのに続き「2020年代初頭の稼働に向け、四日市で新プラントを建設する。75億円の設備投資を計画している」と述べた。

 その背景として、新谷竜郎取締役事業本部長は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

帝人フロンティア 野外ライブのリサイクル活動を支援

, , ,

2018年8月20日

 帝人フロンティアはこのほど、総合エンタテインメント企業エイベックスグループの夏の野外ライブイベント「a‐nation(エイ・ネーション)2018 supported by dTV & dTVチャンネル」に協賛し、ライブ会場で展開されるリサイクル活動「LOVE.PEACE & CLEAN」をサポートすると発表した。エイ・ネーションは2002年から毎年開催され、昨年は2日間で約12万人の観客を動員した。

 エイ・ネーションで帝人フロンティアがサポートするリサイクル活動は、会場内で発生した使用済みペットボトルを回収するもので、今回で9回目となる。「地球に優しいfes.」と「地球に優しい企業」とのコラボレーションにより、環境に優しい活動を世の中に発信し、その継続と拡大を目指している。

 これまでに回収されたペットボトルの累計重量は1万1140kgで、500mlのペットボトル

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

チッソの4-6月期 機能性材料など低調で営業損失

,

2018年8月20日

 チッソが10日に発表した2018年4―6月期の連結業績は、営業損失となった。売上高が前年同期比5%減の366億円、営業損失は9億円(前年同期は営業利益8000万円)、経常利益は同72%減の3億円、純損失11億円(前年同期は純損失三億円)。

 機能材料事業では、液晶ディスプレイ市場でパネル供給過多となり、テレビ用途を中心とした大型パネルの生産調整が行われた影響から、液晶材料の販売が低調だった。

 加工品事業の繊維製品では、中国・東南アジア地域の衛生材料市場は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成 世界最大規模のアルカリ水電解システムを受注

, , ,

2018年8月20日

 旭化成と子会社の旭化成エンジニアリングは10日、東芝エネルギーシステムズから、1ユニットサイズでは世界最大となる大型アルカリ水電解システムを、「福島水素エネルギー研究フィールド」向けに受注したと発表した。同システムの最大水電解能力は10MW、最大水素製造量は毎時2000N㎥。

 福島水素エネルギー研究フィールドは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝エネルギーシステムズ、東北電力、岩谷産業が福島県浪江町に建設する、再生可能エネルギーを利用した世界最大級の1万kWの水素製造装置を備えた水素エネルギーシステム。

 旭化成は世界有数のシェアを持つ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

アジア石油化学工業会議(APIC2018)が開幕

, ,

2018年8月20日

 アジア石油化学工業会議(APIC2018)が今日から二日間(20~21日)、マレーシア・クアラルンプールで、「コラボレーションによる価値創造」をテーマに開催される。

 世界経済の軸が西から東へシフトする中、アジア地区は需要の成長のけん引役となっていくことが期待されている。人口増加や都市化率の上昇、中間層の拡大による購買力の増加など、石化製品への需要拡大が今後も持続する見込みだ。ただ、石化業界が好調に拡大しているものの、解決すべき課題もある。

 アジア地区では、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

信越化学 2期連続で最高益更新の見通し

, ,

2018年8月3日

 昨年度に各利益項目が最高益を更新した信越化学工業は、今年度の第1四半期(4―6月期)も過去最高益を達成しており、通期予想でも2期連続の最高益更新となる見通しだ。

 第1四半期はの好業績は、全事業(塩ビ・化成品、シリコーン、機能性化学品、半導体シリコン、電子機能材料、加工・商事・技術サービス)が増収増益となったため、特に塩ビ・化成品事業と半導体シリコン事業における利益の増加が業績を大きくけん引している。

 昨年度の営業利益は、塩ビ・化成品事業が前年比75%増の932億円、半導体シリコン事業は同66%増の929億円と大幅な増益となった。第1四半期の営業利益でも、塩ビ・化成品事業は前年同期比49%増、半導体シリコン事業は同52%増となっており、昨年度の勢いを継続している状況だ。

 半導体シリコン事業については、半導体業界が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

BASF バイエルから農業関連事業を買収

, ,

2018年8月3日

 BASFはこのほど、バイエルからの事業と資産の買収を完了したと発表した。今回の買収により、BASFは農薬、バイオテクノロジー、デジタル農業分野での活動を戦略的に補完し、種子、非選択性除草剤、殺線虫剤の種子処理分野に参入する。

 同社のマーティン・ブルーダーミュラー会長兼CTOは「今回の戦略的な買収を通して得られた資産により、当社の農業向けソリューションのポートフォリオはさらに強化され、イノベーション創出の可能性も高まる。これにより、一層包括的で魅力的なソリューションの提供が可能になる」とコメントしている。

 同社はバイエルが売却を検討していた事業と資産買収に合意した。買収金額は76億ユーロで、約4500人の社員がBASFに転籍する。

 今回の買収には、バイエルが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成ファーマ 重症敗血症治療薬の臨床試験で有効性など確認

, ,

2018年8月3日

 旭化成ファーマは2日、100%子会社の旭化成ファーマアメリカが「ART‐123」(日本での販売名:「リコモジュリン」)について、「凝固異常を伴う重症敗血症」を対象として実施していた第3相臨床試験(SCARLET試験)の結果(速報)を得たと発表した。

 SCARLET試験は「凝固異常を伴う重症敗血症」患者800例を対象として、同剤の有効性と安全性を検証することを目的とした無作為化、二重盲検、プラセボ対照の国際共同第3相臨床試験で、北米、南米、欧州、アジア・オセアニア(日本を除く)などの地域で実施したもの。

 同試験の対象は心血管系機能障害もしくは呼吸機能障害を有する敗血症で、凝固異常を伴う患者。同開発で目指す適応症は、凝固異常を伴う重症敗血症であり、同剤の日本国内の適応症である汎発性血管内血液凝固症とは異なる。

 同試験で、主要評価項目の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

旭化成ホームプロダクツ ディズニーキャラの「ジップロック」発売

, ,

2018年8月2日

 旭化成ホームプロダクツは1日、ハロウィーンにちなんだ商品として、ディズニーキャラクターをあしらった「ジップロック コンテナー」「ジップロック イージージッパー」「ジップロック スクリューロック」など3種6商品を、20日から数量限定で発売すると発表した。

 毎回人気のディズニーキャラクターデザインの「ジップロック」シリーズだが、今年はミッキーマウスをはじめとする人気キャラクターがデザインされたコンテナーのセット商品(480mlと820ml)が新登場。城でパーティーをする

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について